topimage

2006-08

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

チケット余りそう・・・ - 2006.08.23 Wed

先日買ったTommy Emmanuelのチケットが2枚余りそう・・・。というか4枚買って2人行けなくなったと。やっぱり平日のライブは厳しいなぁ。このままじゃ1枚9000円だから18000円赤字だよ。マジで誰か一緒に行きたい人いませんか?


去年もトミーのライブはありまして、東京で1日、大阪で金土の2日間、その翌日は愛地球博で関係者のみの公演があったらしいんですが大阪のチケットは数分で即完売。オークションでは7000円のチケットが25000円ぐらいまで値上がりしてました。運良く一枚だけ普通に買えたので一人で大阪まで見に行ってきたんです。


滅多に電車に乗らないのでたどり着くまでに間違って女性専用車両なんかに乗り込み痛い視線に気が付いたときにはさすがに焦りました(;^-^A


まあそんなわけで無事たどり着いたんだけど会場が小さな箱で立ち見を入れて200人ぐらいしか入らないわけなんですよ。
俺の席は前から5列目ぐらいのど真ん中。最高の場所でした。飲み物券もついてたのでビール片手に一人で今か今かと開演を待ってました。


周りを見渡すとカップルとか夫婦そろってとかお爺さん二人組とかいろんな人がいました。ただやっぱりトミーってギタリストうけするギタリストなんですね。前の座席の人はカバンの中からギタースコアがのぞいてたし、うしろの割と年配の人たちからはマニアックなギターについての会話が聞こえたりするわけです。まあ俺もそのマニアックなメンバーの一人だったのかもしれませんが。



一般ピープルに「トミーエマニュエル」なんて言っても「だれそれ?」ってなるだけなのはわかってます。特に日本ではまだ馴染みがないしヒット曲もないしメディアで紹介っていうのも無いと思うし。今のところネットでの口コミぐらいしかないわけです。


多分来場してた人たちのほとんどもネットでの口コミでしょう。
10年ぐらい前にも来日してたらしいけど「誰この人?」状態だったみたいです。
でもね、声を大にして言いたいのは有名な奴らだけが決して凄いわけではないって事。逆になんでこんなんが有名なわけ?みたいな人っていっぱいいると思うんだよね。企業の金儲けのため作られるべくして作られた有名人みたいな。アイドル系が多いかな?



まあその話はおいといて、トミーがステージに現れたときにはまた泣きました。いや、決して泣き虫なわけじゃないんですが感涙って言うの?

ギター弾けたらかっこいいなーってずっと思ってて、自分の中でその頂点ぽい人を発見して実際にその人が目の前にいるっていう感無量感です。会場内が暗くて良かったよホント。


下でも書いたけどテクだけに惚れたわけじゃないんです。その人柄ね。この二つを併せ持った人ってなかなかいないんです。その証拠に2時間一人でライブやった後にサイン会ですよ!?世界で超一流の評価を得ている人が演歌のドサまわりみたいなことをやってくれるんです。


当然来てた人ほとんど並んでたから夜中の12時ぐらいまでサインしてたんじゃないかな?しかもサインだけじゃなく一人一人に一声掛けて写真一緒にとってあげたり肩組んであげたり面白い顔してくれたりそのサービス精神に感服しました。


以前クラプトンのライブ行ったときは「てめーらのためにはるばる日本までやって来て演奏してやってるんだ。ありがたく思え。でも金は大事。」みたいな感じがひしひしと伝わってきてツマンネーって思いながら帰りました。
私の気のせいかもしれませんけど^^;



とりあえずトミーの神テク具合を見てください↓
1曲目2曲目ともテンポ速いですが2曲目の中盤辺りから更にありえないテンポアップをして楽しませてくれます。






スポンサーサイト

盲目 - 2006.08.17 Thu

今日所さんのテレビで盲学校の生徒が打楽器のアンサンブルで日本一?になる番組を見て感動しました。
人間頑張ればなんでも出来るんだなぁ。うんうん。
というわけで今日は盲目のギタリストを紹介するよ。



まず一本目Jeff Healey

なにげに日本語字幕でも紹介されるけどこの人基本的に膝の上にギターを載せて弾きます。
だから親指でも弦押し出来るんですね。つまり5本の指をフル稼働させてプレイできるわけです。(普通は親指を除く4本)

だから極端な話1弦と6弦を同時にチョーキングしたりも可能な気がします。
合理的に考えるとこの弾き方こそギターをプレイするのにもっとも効率が良いのかもしれませんね。ただ見た目がいまいちなのが欠点ですが。


でプレイの方はというと、聴いておわかりの通りメチャウマです。
この人基本的にブルースなんですがクラプトン聴くよりもこっちの方が好きみたいな人もいるかもしれません。


ちなみにこの動画では最後の方でジミヘンばりに歯で弦をはじいたりしてるけど、あれって下手して歯茎を痛めたりしないのか心配です。弾き終わったら口の中血まみれとか嫌だもんね~。
しかしこれだけのプレイされると「ほんとに見えてないのか?」と思っちゃうよね。うーむ、すごい。

※Jeff Healey氏は2008年3月4日癌のため41才という若さで亡くなられてしまいました…(ノд・。)
ご冥福をお祈りいたします。





さて二本目はRaul Midon

スラップギターで歌を歌います。これってかっこいいよね。途中口でサックスの真似しながらギターと音がハモる所なんか個人的に大好きです。

伴奏しながら歌を歌うのってテレビや何かでもよく見かけたりするけど簡単そうで結構難しいんだよ。特に歌のリズムと伴奏のリズムが違ってたりするとどっちかがどっちかにつられちゃってうまくいかないんです。それって私だけですか?

この複雑なギターを弾きながらこれだけすんなり歌えるのってすごいなぁ。
うん、カコイイ。


で、ほんとに盲目ですか?



マリオ - 2006.08.06 Sun

世の中変な方向にパワーを使う人たちもいるわけで、またそういう人たちの方が妙に楽しませてくれたりするわけです。


そんなわけで今日はギターでマリオ特集です。しかしマリオといって馬鹿にしてはいけません。どれもこれもかなりハイレベルなことやってますよ。



これがギターでマリオの祖じゃないでしょうか?コインの効果音とかキノコ食べたときの効果音とかがすごいです。




ギターを二本使った変態プレイで弾いてくれてます。こういう事をやろうというその発想がお茶目です。




でかいベースでのプレイ。恐れ入りました。



そういや昔こんな弾き方でサザエさんを一生懸命練習した記憶があるけどもう忘れちゃった。
まともな演奏は無理なので今後はそういう方向で行くのもいいかもなぁ。。。




最悪 - 2006.08.03 Thu

今日は左手小指を怪我しました。第一関節までの側面を1センチぐらいベロンと皮がめくれた・・・。
バンドエイドでグルグル巻きしてます。
当然ギターには触れません。
憂鬱で記事書く気にもなれません。治るのはいつになる事やら・・・。

Tommy Emmanuel(トミー・エマニュエル) - 2006.08.02 Wed

Tommy Emmanuelのライブチケット取りました!4枚も!一枚9000円だから合計36000円也。
友達誘ったら行くと言ってくれたので売ることにします。

こんな人です↓






トミーはとにかく楽しそうにギターを弾くんですよ。見てる方も楽しい。
さらに彼のギターテクニックは世界に数多くいるプロギタリストの中でも最高峰レベルです。今までたくさんのギタープレイを見てきましたがトミーの演奏は別格でした。上の動画じゃわかりづらいけど各弦の音のバランスとか曲の抑揚の付け方とか細かいところのテクニックがずば抜けてます。


以前紹介したJustin Kingなんかもすごいけど曲の難易度や総合力ではトミーの演奏はほんとに神レベルです。ただギターをある程度さわった事がない人にはどこがどんな風にすごいかはわからないと思う。


とは言ったものの私自身そのすごさに気づくまでにだいぶかかりました。
最初は「うまいおっちゃんやなー」ぐらいにしか思ってなかったんだけど何本か違う動画を見る機会があって3本目ぐらいに気づきました!
「この人パーフェクトやん・・・」と。


ある程度目や耳が肥えてくると演奏を見てても知らず知らずのうちに減点しちゃうものなんです。例えば「この人はちょっとリズムがヨタってるな~」とか「この辺の技術がまだちょっと未熟やね」とか己の未熟さを棚に上げてガンガン批評したりしてしまいます。スイマセン。


ところがトミーの演奏にはほとんどそういう減点ポイントがないんですよ。それに気づいたときはほんとに涙が出ました。モニターの前で泣いたのは生まれて初めてでした。人間鍛えればここまで出来るものなのかと。
それに加えてお客さんを楽しませようとするその姿勢もプロとして素晴らしい。ということで一発で惚れました。曲が好きとかそんなんじゃないです。テクと人柄に惚れました。好きになったギタリストは何人かいたけど惚れたのは人生で初めてです。


まだまだ書きたいことあるけどまた後日にしよっと。

本を落札しました - 2006.08.01 Tue

たまにだけどオークションを使ってます。
今日は先日落札したAcoustic Guitar Magazineが届きました。

RM1030B[1].gif



定価1900円のが送料入れて1310円。CDも欠損してないし状態も割といいのでこんなもんかな?
ただし2004年の冬号です。もう2年ほど前の本だね。でもギター、特にアコースティックギターの本なんかは新しかろうが古かろうが関係無しです。そういう変化の少ない世界、いいよね。パソコン雑誌なんかは数ヶ月前のでさえ使い物にならなくなるときがあるけどね。

パラパラと雑誌をめくっていると出てくるギターどれもよさげ。どれでもいいから一本ください。



NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

gonta

Author:gonta
 
アコギでポロポロ弾き語りをしていますが思った以上に楽しいです。いろいろレパートリーを増やせたらいいな~。

柴犬ゆず♀を飼いだしてからはほぼ犬ブログと化しています(笑)

アルバム

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

フリーエリア

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブログランキング

にほんブログ村 音楽ブログ アコギへ
にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村 犬ブログ 柴犬へ

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。