topimage

2009-11

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

弾き終わったあと弦は緩めるべきか? - 2009.11.26 Thu

弾き終わった後ギターの弦って緩めた方が良いんでしょうか?それともそのまま張りっぱなしの方が良いんでしょうか?
この話題ってギター関係の掲示板を見ると未だに延々と議論が繰り返されてます。
張りっぱなしだとネックが反るので緩めた方が良いという人や、緩めるとネックに掛かるテンションを頻繁変えることになるから余計ネックに悪いと言う人もいます。
果たしてどっちが正しいのか私もわかりません。

エレキギターはずっと緩めないまま放置してきましたがレスポール、ストラトとも特にネックが反ったことはないです。ですがアコースティックギターはモーリスが数ヶ月間弾かなかったときにネックが思い切り順ゾリになっていました。

そんなこともあり個人的には長期間弾かないときは弦は緩めるべきじゃないかなと思っています。逆に毎日弾くのであればそんな頻繁に緩めなくても良いんじゃないかと思います。

さて鋭い人なら今述べた文章のある種の矛盾に気が付いたかもしれません。
仮に1年間毎日ギターを弾いていても弾かなくても弦を緩めるという行為を行わない限りネックにかかっているテンションはほぼ一定だと思います。違いは人間が弾いているか弾いていないかだけのことです。それなのに何故「長期間弾かないときは弦は緩めるべき」で「毎日弾くのであればそんな頻繁に緩めなくても良い」と思うかと言いますとよく言うアレと同じです「人が住まなくなった家は朽ちるのも早い」ってやつです。これってオカルトなんですかね?いやきっと何か科学的根拠があるのでしょう。

このこととギターを同等に考えるのはおかしいのかもしれませんが先ほど書いたモーリスのアコギ、まったく弦を緩めたりしていませんでしたが毎日少しずつ弾いていたときは長期間経っても問題はなかったのですがまったく弾かなかった数ヶ月間の後はビックリするぐらい反りまくってたわけです。これは単なる偶然の可能性も大ですがそんな風に感じた次第です。
そういうわけでギターには愛情をもって接し毎日少しでも音を鳴らしてやりましょうw

さて今使ってるHD-115の説明書には使用後はペグ1回転ほど緩めてくださいと注意書きがされていました。このギターはフォワードシフテッドスキャロップドエックスブレーシング(´・Д・`)なのでトップが弱いのです。ずっと張力をかけたままだとブリッジまわりが膨らんでメタボ腹になってしまう恐れがあります。なので弾き終わった後には極力弦を緩めるようにしていますが次にまた弾くときにいちいちチューニングするのがめんどくさいですが。
アコースティックギターはいろいろな意味でエレキより気を使いますね。


スポンサーサイト

弾き語ってみた^^; - 2009.11.22 Sun

久しぶりにブログの更新です。
このところギターに対するテンションが下がり気味の日々が続いておりましてすっかり部屋のオブジェと化しておりました。
ですが今日の日中家に誰もいない状態になったので意を決して弾き語り動画を撮ってみることにしました。
家に一人きりになれる日は月に一度あるか無いかなので今日を逃すと今度はいつになるかわかりません。
出来ることなら家族がいようともガンガン歌いたいですが「下手」だの「雑音」だの率直な意見が飛んでくるので根性無しの私には無理ですw

曲は↓でも書いたLOVE PSYCHEDELICOのCarnationです。
ちょっと弾き間違えてたり歌詞がおかしいとか発音がもろに日本語英語なのは許してください^^;

でも今日久しぶりにギターを弾いてみてやっぱりギターっておもしろい~と改めて感じました。
また良い曲を見つけたら練習頑張りたいと思います。

LOVE PSYCHEDELICO - Carnation 弾き語り





NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

gonta

Author:gonta
 
アコギでポロポロ弾き語りをしていますが思った以上に楽しいです。いろいろレパートリーを増やせたらいいな~。

柴犬ゆず♀を飼いだしてからはほぼ犬ブログと化しています(笑)

アルバム

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

フリーエリア

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブログランキング

にほんブログ村 音楽ブログ アコギへ
にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村 犬ブログ 柴犬へ

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。