topimage

2010-11

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スタンド・バイ・ミーが弾きたいな - 2010.11.24 Wed

最近久しぶりにギター熱が出てきたのに仕事が忙しくて帰宅時間が遅くあんまり触れません(T_T)
うまく噛み合わないものですね。


鬼束ちひろの「眩暈」は歌が始まってからの伴奏はアルペジオにしようかストロークにしようか悩んだりもしましたがその後まったく手をつけておらず案の定放置状態。いつも大体こんな感じなのです(^_^;)


そのかわり他に弾きたい曲がでてきましたヾ(゚Д゚ )ォィォィ
相変わらず移り気が早いです。正確には根気が無いといいますか・・・(^^ゞ


その曲は誰でも知ってる定番ソング「Stand by me」です。
Youtubeでかっこ良く弾いてる方がいてそれを元にさせてもらいコピーさせていただくことにしました。
難しいのはやっぱり例の伴奏を入れながら歌を連動させることです。歌かギターがどちらかにつられちゃうんですよね~。慣れの問題なんでしょうけど。繰り返し練習するしかないのが楽しくもありますが・・・苦痛でもあります(-_-;)


あと間奏。
私は弾き語りではコードストロークだけになりがちでちょっと寂しいイントロ・間奏・エンディングあたりの間をどうにか埋めたいと思う人間なのですがStand by meの間奏をどうしようかと思案してます。
無理して入れなくてもいいと思うのですが入れられるものなら入れてみたい。そう思って音を拾って無理やりねじ込んでみましたがどうしても難しい部分があります。こりゃダメっすね^^;



全然話は変わりますが今日GoogleのIMEなるものをインストールしてみました。今回の記事に顔文字が多いのはそのせいです(^^)v
ATOKに慣れているので比較するとまだ精度や使い勝手が悪い部分もありますがマニアックな単語も一発で変換してくれるのがスゴイですねぇ。こんなのも一発で変換してくれます→「電人ザボーガー」w

iPhoneにもGoogleのアプリを入れているのですがすごいんです。
検索したい言葉をマイクに向かってしゃべると認識してくれるんですがマイナーな単語や専門用語でもすごい高精度で認識してくれます。
Googleが握っている莫大な量の検索ワード実際の音声とを比較して結果を出すことによりそのような高精度を出せるんだと思うんですがきっとこのIMEもそういうデータがあってこそのものなんでしょうね。

そういう意味ではGoogleだからこそできることなんだと思いますがちょっと怖い気もしますねーくコ:彡




スポンサーサイト

Acoustic Guitar Magazine Vol.35 - 2010.11.17 Wed

久しぶりにAcoustic Guitar Magazineを買ったのが今日届いていました。
と言ってもヤフオクで2年ぐらい前のやつですが。

IMG_3329.jpg

この本新品だと¥2000ぐらいするので店頭で買うのはとても勇気がいるのですよ。
なので最近はオークションで探すことが多いです。


以前の記事にも書きましたがギターの世界ってパソコンやファッション雑誌みたいに移り変わりの激しい世界じゃないので古い記事でも十分読めるのがいいっすね。


今回「アコギストへ贈る!使えるコードブック」と「王道フラットトップ徹底検証」っていう記事が読みたかったのでこの号を買ってみました。


まだちゃんと読んでいないのですが「アコギストへ贈る!使えるコードブック」は思ってたのとちょっと違う感じ。店頭のように立ち読みしてから購入できないのがネットの弱点ですな。まあ仕方ないっす。


もうひとつの「王道フラットトップ徹底検証」も読んでみました。
いろいろな興味深いアコギが紹介されていましたが・・・どれもこれも高過ぎ!
今後の参考にしようと思ってましたが一番安いのでも約60万て・・・。
どう考えても無理です。ありがとうございました(´;ω;`)






鬼束ちひろ - 眩暈  - 2010.11.16 Tue

昨日車に置いてあるCDを漁って適当なのをかけてみると鬼束ちひろが流れました。
結構好きでよく聴いていたのですが最近は男にボコボコにされて重傷というニュースを見たぐらいのもので悲しい限りです。


この人の曲はどこか血と破滅の匂いのするようなものが多いのですがそういうギリギリな感じが私は好きだったりします。
言葉のひとつひとつが研ぎ澄まされていて冷たくもあり熱くもあり・・・きっとこの人の内にそういう感情が秘められているんだろうな~と勝手に思ってます^^;


ほとんどの曲に「あたし」という一人称が登場するところからして内面に凝縮されている言葉が自然と歌詞になって出てくるいわゆる天才肌タイプの人なんだと思うのですがどうでしょうか。
私が何曲かコピーしているLove Phychedelicoなどは逆に「きみ」というフレーズが頻繁に出てきます。対比させてみるとちょっと面白いです。


デリコの場合は語呂合わせ的なところもあるんですが「きみ」というフレーズの持つ印象として開放感を感じることができるんですが鬼束ちひろの「あたし」は閉塞感を感じるんですよね。
それが暗めの楽曲と合わさって更にそういう感が引き立っているのかもしれません。



話がそれましたが^^;
鬼束ちひろの「眩暈(めまい)」を少しだけ練習してみました。この人の曲ではベスト5に入る好きな曲です。 しかもこのタイトルのおかげで「めまい」ってこういう漢字だったのかとひとつお利口になれた曲でもありますw

やはり頻繁に「あたし」が出てくる完全に女性向けの曲なのでオヤジが歌うにはちょっとためらう部分があるのですがやっぱりキー的に女性シンガーの曲の方が歌いやすいんです・・・悲しいかな。


幸い J-Total Music にコード符があったので参考にさせてもらいつついつものようにちょっとそれっぽくなるように音を探っていきます。
とりあえず昨夜できたのはこれだけ。一通り弾いてみた感じサビの部分がちょっとコードが違うかな?と思う箇所がありますがあとはだいたい合ってそうです。
弾けるかどうかは別として 彡(-ω-;)彡ヒューヒュー


眩暈.mid

眩暈 


いつもは中途半端で終わりそうなものやチマチマした完成までの課程はあまりブログに書かなかったですが日記と同じで後で自分で見直して「ああ、こうだったなぁ~」と思い出せるのもいいかなと思いちょっとしたこともなるべく書き留めていけるようにしようと考えています。

継続できる自信は正直あまりないですが・・・。







NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

gonta

Author:gonta
 
アコギでポロポロ弾き語りをしていますが思った以上に楽しいです。いろいろレパートリーを増やせたらいいな~。

柴犬ゆず♀を飼いだしてからはほぼ犬ブログと化しています(笑)

アルバム

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

フリーエリア

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブログランキング

にほんブログ村 音楽ブログ アコギへ
にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村 犬ブログ 柴犬へ

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。