topimage

2017-10

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ミュート その2 - 2010.12.16 Thu

ミュートその1っていうタイトルの記事を書いてから続きを書くのを忘れていました。
年を越さないように続きを書きたいと思います。


前回は左手によるミュートのことを書いたので今回は右手・・・といきたいところですがそういう解説は柄じゃないのでもうやめておきます^^;
実は私が書きたかったのは実はそんなことじゃくて結論から言うと「ミュートってほんまに難しいわ~」ということが言いたかったのです。


それをつくづく思い知らされたのがこの曲、トミー・エマニュエルのビートルズメドレーです。
無謀と知りつ以前コピーにチャレンジしたことがあるのです。


Tommy Emmanuel - Beatles Medley




出だしはデイトリッパーの例の印象的なリフからなんですがリフに加えて伴奏も一緒に弾きます。分解すると・・・


誰もが知ってるリフ。そんなに難しくありません。
bass1


伴奏。超簡単です。
b.jpg


両方いっぺんに弾くとこうなります。
bass2


参考音源
Day Tripper


これ、左手の指使いもちょっと悩みますが本当に難しいのは右手です。
リフ部分はミュート無しなのに対し伴奏部分は右手指でミュートしながらスタッカート気味に弾くのですが、それらが合わさるとメチャクチャ難しくなります。ミュートする指しない指、脳みそが理解してくれません(-ω-;)


曲を聴いた感じこのイントロぐらいならすぐ弾けるんじゃなかろうかと思っていたのですがとんだ見当違いでした。結局イントロのコピーだけで数日費やしました。脳みそに頼らずやはり体で覚えるしかなかったです。
そしてその後コピーは曲の途中で挫折したのは言うまでもありません^^;


ミュートとは関係ないですがフィンガーピッカーの人達ってすごいことやってるんだなーと改めて感じますね。
思うに多分左手のテクニックより右手のテクニックの方が種類も多く、突き詰めればその難易度は相当高いと思います。最近では出尽くした感があるとは言え右手はまだ進化する余地がありそうです。





まあそれにしても・・・やっぱり聴くと弾くじゃ大違いですね~









スポンサーサイト

● COMMENT ●

ミュートしたつもりでも「ビーン」と音が残ったりすること私もよくあります。
しっかりメリハリを作りたいときにあの音や間延びカッコ悪いですね。
といっても出てしまうんですが…^^;

そしてそうそう、gontaさん言われるように頭で考えるより感覚で覚えてしまえ、という感じわかります。
私も頭で理解不可能w

それにしてもこの動画カッコイイですね。
見入ってしまいました。選曲もビートルズ最高w

>wwpowerさん

そうですよね~
ミュートがビシッと決まればかっこいいんですけどね。

この曲は人差し指、中指はミュートするのに親指はミュートせずに弾かないといけないので混乱します。どうしても親指も一緒にミュートしちゃって・・・。体で覚えるのも一苦労でしたw

トミーのパワフルなギターは最高です^^
こんな風に掻き鳴らせたら気持ちいいだろうな~。

一生無理でしょうがw


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://sansamp.blog56.fc2.com/tb.php/152-c01c12d2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Ben E. King - Stand by me ギター弾き語り «  | BLOG TOP |  » 焼き肉

プロフィール

gonta

Author:gonta
 
アコギでポロポロ弾き語りをしていますが思った以上に楽しいです。いろいろレパートリーを増やせたらいいな~。

柴犬ゆず♀を飼いだしてからはほぼ犬ブログと化しています(笑)

アルバム

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

フリーエリア

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブログランキング

にほんブログ村 音楽ブログ アコギへ
にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村 犬ブログ 柴犬へ

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。