topimage

2017-10

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ギター都市伝説1 - 2007.06.18 Mon

今日も一日中シトシト雨が降り続いてました。ジメジメしてやだね。
湿度が高いとギターの音色がこもる。こんな話を聞いたことある人もいるでしょう。これって本当なんだろうか?

ギターという楽器が生まれて数百年。エレキギターが登場して半世紀以上過ぎているというのにギターにまつわる都市伝説は数多く存在します。いったい何が真実なのか?未だに掲示板等で熱く虚しく果てのない議論が交わされていたりします。そのひとつがこれ「湿気によってエレキギターの音色は変わる」であります。
今回はこれについて俺の思うところを書いてみたいと思うんだけどあくまで個人的見解なので軽く流してください(^-^;

まずアコースティックギターの場合間違いなく音色に関係してくると思います。木が水分を吸収して音色が変わるのもわかる気がする。
ではエレキギターはどうか?エレキも本体は木でできてるから一緒じゃん?と思うかもしれませんが必ずしもそうではありません。重要なのは塗装です。実際先日買ったストラトなどは全部ポリウレタン塗装してあります。要するにいくら湿気が高くても塗装の下の木材部分まで水分が浸透しないんじゃないの?ってことです。
厳密に言えばネックとネックポケットの隙間とかピックガードの下の隙間からとかジャックの穴からとか水分が入り込む余地はあるのですがほとんど影響がないレベルなんじゃないかと思ってます。

アコースティックギターの場合、サウンドホールというでっかい穴が空いているのでそこからジャンジャン湿気が進入してきます。しかも内部は無塗装、いくらでも木材が水分を吸収します。結果音がこもって普段ならシャリーンと鳴っていたものがドヨヨ~ンて感じになりそうです。サクッって食べれるポテチが湿っちゃってグニュみたいな感じですね(^-^;

さてエレキの場合は上で書いたようにほぼ全面塗装なわけですからアコギほどの影響は無いものと考えられます。しかしネットを徘徊しているとやっぱり音がこもるっていう意見を見かけます。実際俺も雨の日に「あれれ??」って思ったこともあるのでエレキも湿気に敏感なんだな~と思っていました。ところが以前2chの楽器系のスレッドを徘徊しているとこんな感じの書き込みを見つけました。

「エレキなんか湿気で変化しねーよ。アンプやヘッドホンのコーンが湿気吸ってるからそう聞こえるんじゃね?」

な、なるほどー!そうかもしれない。エレキギターって音聴くときはアンプを鳴らすかヘッドホンを装着するかしてるもんね。さすがにエレキの生音だけじゃ音色まで判別できなさそうだし・・・。うーむ、、妙に納得してしまった自分がいました。が、真実は未だ定かではありません。今後もどこかで輪廻のように同じ議論が交わされていることでしょう。合掌。
スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://sansamp.blog56.fc2.com/tb.php/24-e3837c57
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ピックの滑り止め «  | BLOG TOP |  » ウクレレ!

プロフィール

gonta

Author:gonta
 
アコギでポロポロ弾き語りをしていますが思った以上に楽しいです。いろいろレパートリーを増やせたらいいな~。

柴犬ゆず♀を飼いだしてからはほぼ犬ブログと化しています(笑)

アルバム

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

フリーエリア

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブログランキング

にほんブログ村 音楽ブログ アコギへ
にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村 犬ブログ 柴犬へ

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。