topimage

2017-10

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エアギター2 - 2007.06.29 Fri

昨日に引き続きエアギターの話題です。
えーまず断っておきますがこれを書いている本人はエアギターをプレイしたこともないしするつもりもさらさらありません(^-^;
あくまで傍観者として思うところをそのまま書かせていただきます。

さて、エアギターって実際にギターを持ってプレイするわけじゃないので演奏はどうでも良いとしてパフォーマンスの面で見ている人にどれだけアピールできるかがポイントだと思います。アプローチ的には何種類もあると思いますがここでは「いかにうまく正統派のギタープレイの模倣を行うか」について掘り下げてみたいと思います。くだらない話題なのに堅いなw
とりあえず2005年のワールドチャンピオンの演奏を見てみましょう。

2005 Air Guitar World Championships Monkey Boy


この人はかなり正統派です。演奏前にペグを回してチューニング、その後フットペダルも踏んでいます。凝ってますねw
ギターを掻き鳴らす仕草も演奏に合ってるし髪を振り乱しながらステージを走り回るのもいかにもハードロックバンドのギタリストみたいで素晴らしい?です。
ここでポイントとなるのが遠くからの人でもよくわかるように体全体を使って、またステージ全体を使ってパフォーマンスしている点にあると思います。小さな動きじゃ躍動感も伝わらないし何をしてるかもわからないもんね。
しかし!今回はこれに更に正統派としてのプラスアルファを付け加える提案をしたいと思います(゚∀゚)
それは何かというと「顔」です。先ほどのダイナミックな動きの中にさりげなくギタリストとしての表情を演出するわけです。遠くからは見えないかもしれません。しかし見えないところまで気を使ってこそ真のエアギターマスターと呼べるのではないでしょうか!

ほんとにくだらない話になってきたなorz
まあいいや。続けます。

世の中には演奏を見てるより顔を見てる方が面白いギタリストがいます(嘘)
そういう人の演奏を参考にすればエアギタリストとして更なる高みへと到達できることでしょう。
参考までに動画を紹介しますが注意してほしいのはチョーキング(キュイ~ンと音程を上げるテクニック)の時の表情です。チョーキングにはある種の魔力があり、多くのギタリストはチョーキングをするとき恍惚の表情を浮かべます。エアギターにぜひ取り入れてほしいテクニックですね^^
超絶テクニックで有名なこの人は表情も超絶です。最初は普通ですが後半に行くほど魅せてくれます。

Steve Vai - Tender Surrender



いやぁ、テクニックといい表情といい本当に素晴らしい!最後の1秒までネタが詰まってす。このままギターを持たずにエアギターの大会へ出ても優勝できそうな勢いですねw
エアギタリストの皆さんの参考になれば幸いです。ならないかorz
スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://sansamp.blog56.fc2.com/tb.php/31-ec1c3b09
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

らくさつしてもうた! «  | BLOG TOP |  » エアギター

プロフィール

gonta

Author:gonta
 
アコギでポロポロ弾き語りをしていますが思った以上に楽しいです。いろいろレパートリーを増やせたらいいな~。

柴犬ゆず♀を飼いだしてからはほぼ犬ブログと化しています(笑)

アルバム

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

フリーエリア

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブログランキング

にほんブログ村 音楽ブログ アコギへ
にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村 犬ブログ 柴犬へ

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。