topimage

2017-08

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

チューニングで悩む今日この頃 - 2008.04.14 Mon

ギターっていい加減な楽器だなぁと思うことが時々ある。
それはチューニングがピッタリ合わないんだよね。

もちろんチューニングすればその時はキッチリ合ってるんですが
例えば弦を強く押さえたりしたときは当然音程シャープします。

出来るだけ強く押さえないよう意識はしてるんだけど
指が届くか届かないかの無茶なコードを押さえようとしたときなど
どうしても指先に力が入っちゃってコードを鳴らしたときに微妙に音が合ってない。
んー・・・気持ち悪い。

以前はそんな微妙なズレなど気にもならなかったけど
最近やたら耳につくようになってきた。耳が良くなってきた証拠なんでしょうか。
演奏中でもちょこちょこチューニングを合わすギタリストの気分がなんとなくわかってきました。

またあまり弦高が高ければ押さえたときにシャープするので大変そうです。
オクターブチューニングとかピッタリ合うんでしょうか。

更に温度によっても当然ながらチューニングはズレます。
世の中に熱によって膨張しない物質は無い(はず・・・)
よって当然ずっとギターを触ってると体温で弦やネックが暖められて膨張します。

それとギターを寝かせた状態でチューニングしてはいけません。
逆もしかりで普通にチューニングしたギターを寝かせて弾くと音程が変わります。

なぜかというと立てたギターを寝かせて弾くとネックの自重により
ネックが逆ゾリしようとするので若干音程がシャープします。
また弦の自重による影響もあるかもしれません。
とにかく音が少し変わります。
しかしネックが超頑丈なギターとか超高級ギターはどうなのかは当然知りません^^

そんなわけでギターってちょっとしたことでチューニングがずれる楽器なんですね。
ロックナット式にすればましになるんでしょうか。
昔使ってたことあるけどあんまり好きになれませんでした。

まあギターに限らず弦楽器って得てしてそういうモノかもしれませんね。
スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://sansamp.blog56.fc2.com/tb.php/44-bd3b3e1e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

バンドスコア «  | BLOG TOP |  » ネックの反り

プロフィール

gonta

Author:gonta
 
アコギでポロポロ弾き語りをしていますが思った以上に楽しいです。いろいろレパートリーを増やせたらいいな~。

柴犬ゆず♀を飼いだしてからはほぼ犬ブログと化しています(笑)

アルバム

最近の記事

最近のコメント

カテゴリー

フリーエリア

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

ブログランキング

にほんブログ村 音楽ブログ アコギへ
にほんブログ村 音楽ブログ ギターへ
にほんブログ村 犬ブログ 柴犬へ

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。